安全なキャットフード選びのガイドブック(評判の製品のランキングや選び方など紹介!)

画像

キャットフードの種類

キャットフードの種類としましては3種類あります。
ドライタイプのキャットフードは、水分含有量が10%以下で、
カリカリになった固形状のフードです。
まずキャットフードといったら、このタイプを考える方が多いのではないでしょうか。
値段的にも安く、日持ちもしますが、開封後の保管方法には気を付けなければいけません。

ドライタイプのキャットフードは総合栄養食としての役割もあり、栄養バランスがよく、
食べることによって歯石を取ることもできます。

また一番値段にしても幅があり、大型量販店からペット専門店にまで置いてあり、
原材料や添加物などをよく読んで購入いたしましょう。
猫が一番食べるように作られているために種類も多いために、
選ぶのも難しいといってもいいでしょう。
どんなに良質なキャットフードでも猫に合わなければ食べてもらえません

次に水分が多いのがセミモイストタイプで、
水分含有量が25~35%程度のしっとりとしたフードです。
水分を保持するために、潤滑調整剤が使用されていますが、基本的に子猫や老猫などといった
歯が強くない猫に食べやすいように作られています。
ただし歯石がつくやすいので、できるだけとってあげるようにしてください。

最大に水分が多く、あまり水を飲まない猫の副食として相応しいのがウェットタイプのキャットフードで、
水分含有量が75%以上含まれているフードです。
肉や魚の身がそのまま入っているものやペースト状に混ざったもの、
スープ上のタイプなど色々あります。

嗜好力が高く、猫も好んで食べますが保存が効きにくいので、ドライフードの上にかけて与えるなど
使い切らなかった場合は、冷蔵庫などで保存して翌日に与えてください。
生ものですので、保存も一日が限度でしょう。
怪しく感じたら与えないでください。

また食べ残した場合は捨てるようにしてください。
猫がお腹を壊してしまったら大変です。
こちらも歯石が残りやすいので、一番いいのはドライフードにかけて与えるということです。
そうすればドライフードによって歯石は取れますし、ウエットフードだけを買うこともありません。
こちらのサイトには、気になるキャットフードのカロリーなどについて解説されています。とても分かりやすいのでおすすめです。