安全なキャットフード選びのガイドブック(評判の製品のランキングや選び方など紹介!)

画像

キャットフードの安全性と危険性

キャットフードは猫の主食になるものなのですが、
あまり安全性がないようなものもありますので、必ずしなければならないことがあります。
それは袋に必ず明記されている原材料や添加物の確認です。

少なくともそれらがはっきりと分からないようなキャットフードは、
肉食用と書かれていても購入すべきではありません。
特に添加物の明記が多いようでしたら、肉食仕立てにしている可能性も否定できません。

日本はキャットフードだけでなく、
ペットフード自体に取り決めはありませんのでとがめられることはないのです。
つまりペットの命を守るのは飼い主自身といってもいいでしょう。
また、こちらのサイト 猫種によって最適なキャットフードの紹介ページもおすすめです。

毎日防腐材や着色料や着香料などをたっぷりまとったキャットフードを与えていては
確実に病気になってしまいます。
猫のためにも健康に良い、安全なキャットフードを選ぶようにしましょう。
キャットフードと同じように、ドッグフードにも危険な添加物が含まれています。
http://www.poslovna-edukacija.net/tok.htmlに詳しく載っていますので、ドッグフード選びに役立ててください。

日本にも多くの良心的なキャットフードを作っているところもありますし、
手作りフードを届けてくれるようなところもあります。
ですが保証はありません。
自身の目で表示を確認して、信じるしかありません。
国の保証があるのは外国のフードです。
残念ながら日本はペット後進国といってもいいでしょう。

しかし海外には国が保証してくれるペットフードがあるのです。
特にアメリカは連邦政府、州政府、と二つの管轄でペットフードが規制されており、
「人間の食品に対しての規制と全く同じレベル」でないとクリアできません。
この機関をAAFCO(米国飼料検査官協会)といいます。

また給与試験があり、この給与試験を通過する事によって、
人間と同じレベルの食品検査に通ったということになります。
AAFCOを通過すると「AAFCO(米国飼料検査官協会)の給与基準をクリア」
とペットフードに明記できます。

「AAFCOの給与基準をクリア」という完全な明記が重要ですので、
AAFCOの文字だけに反応して騙されないように注意してください。
他のペット先進国のフードも機関の名前は違っても、同じように厳しく審査されます。
こちらにも安全なキャットフードを見つけるためのポイントが載っています。