猫の健康

キャットフードの選び方

キャットフードを選ぶ時には何を食べさせてあげたいかではなく、
猫の体にいいのは何かということが重要になります。

まず基本となるのはドライフードの「総合栄養食」で、
これと水があれば猫は生きていけるとまで、言われています。

ですがこのドライフードも量販店などで、山積みにされていて1kgでいくらというのもあれば、
ペット専門店などでプレミアムフードとして原材料からこだわっているものもあります。
猫の体のことを考えたら選ぶのはプレミアムフードの方です。

量販店の安価なエコノミーフードが悪いというわけではありません。
現に元気な猫はたくさんいます。
ただ原材料のあいまいさと農薬の有無などの問題から、安さ以外では敬遠されがちなのです。

しかも猫は基本的にあまり水を飲まないので、ドライフード以外のウエットフードなどを
スープと一緒にドライフードにかけてあげれば、ドライフード自体はそんなに量がいらないのです。
ですから安価をまとめ買いしても期限内に猫が食べきれるとも限らずに、
結果としてもったいないことになると言ってもいいでしょう。

だったら始めからウエットフードやドライタイプとウエットタイプの中間タイプの
セミモイストフードだけを食べさせてはと考えられるかもしれませんが、
ドライフードには歯の歯石などを取り除いてくれるという役目があります。
ドライフードとセミモイストフードとウエットフードを組み合わせて、
食事を与えるのも栄養のバランスや量の問題などを自分の目で確認できてよいでしょう。

仕事などで遅くなる時にはドライフードを置いて出かけるしかありません。
もし帰ってきた時に用意していたドライフードが空になっていた時には、
例えねだられても甘えられても餌を与えないでください。

最近の猫は飼い主の愛情たっぷりの餌の影響からか肥満体質が多く、
泌尿器系の疾患や腎臓機能の衰えを防ぐためにも、少量で肉食の猫にあう高タンパク質、高脂肪、
低炭水化物の食事を選ぶましょう。
こちらのサイト http://xn--nck1bpe3d4d0i.name/には、安全なキャットフードについて、詳しく解説していました。